鉄筋コンクリートの家づくり

◆2011年8月22日着工で現在進行中のRC家づくりの記録です。◆サラリーマンが建てる2世帯住宅の建築過程です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ポンデ

Author:ポンデ
当ブログへようこそ!

・性別:男
・年齢:40歳代
・住所地:関東地方
・職業:所謂普通のサラリーマン

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2階給水・給湯、1階クローク洗面・手洗い&室内ドア

2011年10月16日

 早朝に現場訪問した後、課題として残っているサブ設備の選定のため、東京南青山にある輸入建材販売のサンワカンパニーと、室内ドアの質感を確かめるために横浜にある神谷コーポレーションに行ってきました。現在は遠方に住んいますが2世帯住宅の1方に住む予定の妹と待ち合わせて見学しました。

 まずは、2階の書斎、寝室、多目的ホールの給水、給湯用として、階段降り口に設置する設備の吟味、選定です。事前にカタログで2つに絞り込んで臨みました。

▼2階の給水・給湯コーナーとして、エリッセコッコの製品に決めました。


▼次点は、ラディー75。イタリア人建築家の設計という売り文句でそそられましたが、元来洗面用の素材のため、コーヒー等の汚れに対するメンテナンスが大変そうなのが次点となった理由です。
1016-2-2.jpg

 次に、玄関脇のクロークに設置する洗面台の選定です。通路を兼ねる場所に設置するため、奥行きが短いことが前提条件です。用途は、帰宅したときの手洗い、朝の出勤前の歯磨き、身繕い用です。カタログで絞っていきましたが、10月中旬販売開始ということで現物はショールームにもまだ無く、類似の商品で品定めしました。

▼クローク用洗面台として決めたリンド・ツーの類似品。本物は”コチラ”。類似品は、開き戸ですが、リンド・ツーは、引き出し式です。これに収納ボックス付三面鏡を付けます。
1016-2-3.jpg


 次は、採用予定の室内ドアを確認するため、神谷コーポレーショの横浜ショールームへ移動です。フルハイトドアと称する天井高のドアやステルスドアと称するドア枠にクロス壁紙をかぶせる商品が特徴のメーカーです。

▼こんな感じ。
1016-2-4.jpg

▼床材の色目検討の参考にもなりました。
1016-2-5.jpg

関連記事

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rchouse.blog.fc2.com/tb.php/44-9f26c07b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 鉄筋コンクリートの家づくり. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。