鉄筋コンクリートの家づくり

◆2011年8月22日着工で現在進行中のRC家づくりの記録です。◆サラリーマンが建てる2世帯住宅の建築過程です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ポンデ

Author:ポンデ
当ブログへようこそ!

・性別:男
・年齢:40歳代
・住所地:関東地方
・職業:所謂普通のサラリーマン

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気配線工事

2011年10月9日

 電気配線工事が施されました。後で電気ケーブルを通すための管や端の部材を配筋の間に入れていきます。RC造の電気工事はこのように行うものなのかと驚きました。

▼リビングに作る打ちっ放しの壁部分に、スイッチ類や照明等のための管が絡みます。背後には、内側の型枠パネル兼断熱材の白い板が施行されています。
1013-1.jpg

▼接近してみました。
1013-2.jpg

▼こちらは、部材が外側の型枠に密着しているので、外壁に付くコンセントになるものと思われます。
1013-3.jpg

▼管が集合してコンクリート壁を通過する部分は、スリーブが取り付けられていました。
1013-4.jpg

▼エアコンの電源、換気扇の電源を供給するための管が内側の型枠となる断熱材から出ています。
1013-5.jpg

関連記事

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rchouse.blog.fc2.com/tb.php/39-a029ad36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 鉄筋コンクリートの家づくり. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。