鉄筋コンクリートの家づくり

◆2011年8月22日着工で現在進行中のRC家づくりの記録です。◆サラリーマンが建てる2世帯住宅の建築過程です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ポンデ

Author:ポンデ
当ブログへようこそ!

・性別:男
・年齢:40歳代
・住所地:関東地方
・職業:所謂普通のサラリーマン

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北棟1階 梁の型枠

2011年10月13日

 夜の現場訪問となりました。

▼照明に浮かぶ足場
13-1.jpg

▼窓から覗いた中の様子。内側の型枠が固定されています。
13-2.jpg

▼梁の型枠も施工されていました。脇にはスラブ配筋に進むための木材が渡してあります。
13-3.jpg

スポンサーサイト

北棟 内側型枠

2011年10月9日

 内側の型枠の建て付けも進んでいました。内側型枠=(断熱材+不燃下地ボード)です。したがって、これはコンクリート打設後も解体しません。コンクリートに密着して結露を防止します。機能性と低コスト性を兼ね備えた工法です。

▼斜め道路に面した段々状の壁部分


▼窓周辺
09-2.jpg

▼窓枠部 外型枠(FRP)と内型枠(断熱材+不燃下地ボード)の様子
09-3.jpg

▼施工途中箇所 鉄筋を外型枠と内型枠で挟んでいます。
09-4.jpg

型枠工事 北棟外壁外側はおおむね完成

2011年10月2日

北棟外壁の外側型枠の組み付けがおおむね終わっていました。

▼青いバーで縦横格子状に型枠が固定されています。開口部は玄関になります。
1002-1-016.jpg

▼内部から、型枠と基礎の様子
1002-2-017.jpg

▼開口部は掃き出し窓になります。
1002-4-024.jpg

▼斜めの敷地境界線に沿ってジグザグになった部分。手前の方は、階段と物入れが配置されます。
1002-3-020.jpg

▼趣味の楽器練習室となる部分から空を眺む。RCは防音面でも有利です。
1002-5-037.jpg

型枠工事 北棟外壁 外側

2011年9月30日

足場が組まれ、1階の壁の外側の型枠工事が始まっていました。1人の作業員の手によりテキパキとFRPパネルが並べられていきます。
001-005.jpg

▼内側から接近してみました。基礎のときとは異なり、壁は型枠を縦に並べます。
002-016.jpg

▼窓やドアとなる部分は穴が開いています。
035-014.jpg


▼外側から接近してみました。壁の型枠が基礎の型枠とクリップで留められています。
003-034.jpg

型枠工事完成 北棟基礎

2011年9月16日

北棟基礎の型枠の検査が終わったと住宅供給公社から前日に連絡があり、本日はコンクリートの流し込みとなります。型枠工事の完成の様子を見学しておこうと、早朝の現場に来ました。

1.jpg

▼前回は無かった内側の型枠も設置されています。外側は鉄パイプで支持されていました。
2.jpg

▼交点の様子
3.jpg

▼配管も設置され、管の周りは補強鉄筋が施されています。
4.jpg

▼外壁に面するような場所のスラブには金属のメッシュが敷かれていました。
5.jpg

▼この木製の造作は何になるか、今朝のところはナゾです。
6.jpg


型枠工事 北棟基礎

2011年9月11日

型枠工事が北棟の基礎部の外側については、おおむね一回りの組み立てが済んだようです。
完全並立型2世帯住宅なので、真ん中で連結された北棟と南棟があり、その北棟から型枠工事が進められています。

062-400.jpg

内側の型枠は、後から設置されるようです。
063-400.jpg

型枠工事開始

2011年9月10日

型枠の設置工事が始まっていました。ここからが、今回の工法の真骨頂です。外側の型枠は、①FRP製で使い回しされるものであること、②連結を専用のクリップ状のもので行うこと、により施工コストと施工効率の面で有利になっています。
手前に置いたペットボトルとの比較でだいたいの大きさが分りますが、パネルの幅は30cmです。
基礎部分は、パネルを横にして施工していますが、その上の壁部分では縦にして施工するものと思われます。

003-400

▼角の様子
036-400.jpg

▼パネルの連結は専用のクリップが使われている
038-400.jpg

▼セパレーターとピーコンの様子。配管のパイプも設置されている。
043-400.jpg

▼取り付けを待つ型枠
015-400.jpg

Copyright (C) 鉄筋コンクリートの家づくり. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。