鉄筋コンクリートの家づくり

◆2011年8月22日着工で現在進行中のRC家づくりの記録です。◆サラリーマンが建てる2世帯住宅の建築過程です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ポンデ

Author:ポンデ
当ブログへようこそ!

・性別:男
・年齢:40歳代
・住所地:関東地方
・職業:所謂普通のサラリーマン

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2階床スラブ

2011年10月16日

朝7時ころ現場訪問しました。

▼南棟はまだ基礎しかありませんが、隣地側と道路側にネットが掛けられています。


▼北棟は、こんな感じ。バルコニーの床となる部分の型枠が分りました。
1016-2.jpg

▼2階床スラブの下側型枠の様子です。撮影点から左方向の写真。
型枠は断熱材ボードで構築されているようです。奥の階段吹き抜け部分はボードが施行されていません。その手前の納戸部分にもボードは施工されていません。これは年をとって足腰が弱ってしまった場合等で家庭用エレベータが必要になったときに、この部分に設置できるよう床をコンクリートにしないためです。1016-3.jpg

▼撮影点から真中方向の写真。電気配線用のオレンジ色の管が出ています。パネルの継ぎ目はテープで止めてあるようです。
1016-4.jpg

▼撮影点から右方向の写真。奥の下がったところは、2階に配置した洗濯・洗面室とバスルームとなる部分。
1016-5.jpg

▼バスの床下となる部分は、急遽浴槽の仕様に合わせて10cm下げていただいたので、施工の最中です。
1016-6.jpg

▼1階を見ると2階床や梁の型枠を支える支柱が林立しています。
1016-7.jpg

スポンサーサイト
Copyright (C) 鉄筋コンクリートの家づくり. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。