鉄筋コンクリートの家づくり

◆2011年8月22日着工で現在進行中のRC家づくりの記録です。◆サラリーマンが建てる2世帯住宅の建築過程です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ポンデ

Author:ポンデ
当ブログへようこそ!

・性別:男
・年齢:40歳代
・住所地:関東地方
・職業:所謂普通のサラリーマン

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建設は進んでいます

2011年1月2日

 家の建設は進んでいるのですが、公私多用のためブログの記載をお休みしています。もうしばらくお休みして、なるべく早く再開したいと考えています。
 なお、工事の進捗状況は、躯体が出来上がり、屋内配管、配線、階段設置などが進められているところです。

スポンサーサイト

家の誕生(型枠バラシ)

2011年10月23日

 いよいよ、型枠バラシの日。夕方に時間が取れたので、家族と現場に行ってみました。経験豊富なビルダーさんなので、果たしてうまくいったことだろう、と、あまり心配はしていなかったのですが、生コン打設は、やはり一発勝負的な面もあろうかということで、向かう道すがら、少しは気分も揺れ動いておりました。

▼ザダーん。グレーのコンクリートが肌を現しておりました。秋の日は釣瓶落としで、あっという間に暗くなったのですが、いい感じにできたようです。家が誕生したという感じがしました。


▼水のしみた部分があったり、型枠が付いたままの部分があったりで、孵化をしたところといった感じを醸し出しています。
1023-2.jpg

▼気になる部分にも目が行きがちですが、角部等にはやや生コンの回りが悪かった部分も多少あったようです。この程度は補修で対応の範囲でしょう。補修後、あるいは完成時のツルツルのコンクリート肌の写真に御期待ください。
1023-3.jpg

コンクリート養生

2011年10月22日

 生コン打設が終わっているはずなので、現場に行ってみました。作業員はおらずコンクリート打設後の養生中のようでした。

▼型枠に包まれてコンクリートが静かに硬化中。午前11時頃ですが雨模様で湿気があり、天気にも恵まれたようです。


▼内部を覗くと、鉄パイプがコンクリートの重量をしっかり支えているようでした。
1022-2.jpg

第3回定例会議

2011年10月19日

 第3回定例会議が、施工者(現場監督さん)、設計士、電気担当者、設備担当者、住宅供給公社、施主が参加して開催されました。会場は、前回と同様、分譲地の現地販売事務所(コンテナハウス)です。

 内容としては、工程予定確認のほか、主にサッシや室内ドアの色決め、決定した設備関係の確認等を行いました。いよいよ1階壁及び2階スラブの生コン打設が20日からと示されました。打設の様子は見学したいところですが、仕事のため行けません。残念。
 予談ですが、コンクリートの「打設」とか「打ちっ放し」という用語は、サッカーやバスケットボールのシュートを「打つ」と同じくらい、妙な語感です。なお、本宅の外壁等はコンクリート打ちっ放し仕上げです。

2階スラブ配筋&電気配管

2011年10月19日

 第2回定例会議の前に、北棟2階床の工事の様子を見学しました。配筋が済んでいるようです。電気配管工事が行われていました。

▼梁の鉄筋がスラブの鉄筋に繋がっています。オレンジ色の電気の配管が広がっています。
1019-0.jpg

▼パイプシャフト部から集中して出る配管。
1019-1_20111102214345.jpg

▼白い管は太陽光発電用。
1016-2_20111102214220.jpg

2階給水・給湯、1階クローク洗面・手洗い&室内ドア

2011年10月16日

 早朝に現場訪問した後、課題として残っているサブ設備の選定のため、東京南青山にある輸入建材販売のサンワカンパニーと、室内ドアの質感を確かめるために横浜にある神谷コーポレーションに行ってきました。現在は遠方に住んいますが2世帯住宅の1方に住む予定の妹と待ち合わせて見学しました。

 まずは、2階の書斎、寝室、多目的ホールの給水、給湯用として、階段降り口に設置する設備の吟味、選定です。事前にカタログで2つに絞り込んで臨みました。

▼2階の給水・給湯コーナーとして、エリッセコッコの製品に決めました。


▼次点は、ラディー75。イタリア人建築家の設計という売り文句でそそられましたが、元来洗面用の素材のため、コーヒー等の汚れに対するメンテナンスが大変そうなのが次点となった理由です。
1016-2-2.jpg

 次に、玄関脇のクロークに設置する洗面台の選定です。通路を兼ねる場所に設置するため、奥行きが短いことが前提条件です。用途は、帰宅したときの手洗い、朝の出勤前の歯磨き、身繕い用です。カタログで絞っていきましたが、10月中旬販売開始ということで現物はショールームにもまだ無く、類似の商品で品定めしました。

▼クローク用洗面台として決めたリンド・ツーの類似品。本物は”コチラ”。類似品は、開き戸ですが、リンド・ツーは、引き出し式です。これに収納ボックス付三面鏡を付けます。
1016-2-3.jpg


 次は、採用予定の室内ドアを確認するため、神谷コーポレーショの横浜ショールームへ移動です。フルハイトドアと称する天井高のドアやステルスドアと称するドア枠にクロス壁紙をかぶせる商品が特徴のメーカーです。

▼こんな感じ。
1016-2-4.jpg

▼床材の色目検討の参考にもなりました。
1016-2-5.jpg

2階床スラブ

2011年10月16日

朝7時ころ現場訪問しました。

▼南棟はまだ基礎しかありませんが、隣地側と道路側にネットが掛けられています。


▼北棟は、こんな感じ。バルコニーの床となる部分の型枠が分りました。
1016-2.jpg

▼2階床スラブの下側型枠の様子です。撮影点から左方向の写真。
型枠は断熱材ボードで構築されているようです。奥の階段吹き抜け部分はボードが施行されていません。その手前の納戸部分にもボードは施工されていません。これは年をとって足腰が弱ってしまった場合等で家庭用エレベータが必要になったときに、この部分に設置できるよう床をコンクリートにしないためです。1016-3.jpg

▼撮影点から真中方向の写真。電気配線用のオレンジ色の管が出ています。パネルの継ぎ目はテープで止めてあるようです。
1016-4.jpg

▼撮影点から右方向の写真。奥の下がったところは、2階に配置した洗濯・洗面室とバスルームとなる部分。
1016-5.jpg

▼バスの床下となる部分は、急遽浴槽の仕様に合わせて10cm下げていただいたので、施工の最中です。
1016-6.jpg

▼1階を見ると2階床や梁の型枠を支える支柱が林立しています。
1016-7.jpg

キッチン、バス、洗面台、トイレの決定

2011年10月15日

 設備はユニットを使うので、メーカーごとに比較、検討を継続してきました。まずはキッチンを優先して決めて、おおむね同じメーカーのバス、洗面台を導入するという方針です。
 キッチンは、TOTOのクラッソとLIXILのリシェルが最後まで選択肢に残りました。バスもTOTOのサザナとLIXILのラ・バスが競合しました。最後は、金額勝負となりましたが、TOTOがバスの保温機能でキャンペーン価格を実施していたことなどからTOTOに決めました。
 結果、メイン洗面台もTOTOのオクターブ、トイレもTOTOのネオレスト等になりました。

 この日は、設計士さんとTOTOのショールームに行き、設計上のすり合わせをしてもらいました。その結果、浴槽の設置条件として、浴室スラブの深さがより必要ということが分り、急遽現場のスラブ配筋の施工を変更してもらいました。現場監督さん、鉄筋職人のみなさんには、対応まことにありがとうございました。

1 キッチンの比較ポイント
(1)TOTOクラッソの良いところ
 ・ほうき水栓
 ・シンクの排水口が隅にある
 ・引き出しの取っ手が長い
 ・レンジフードの掃除がしやすそう
 ・カップボードの上下スライドドア
(2)LIXILリシェルの良いところ
 ・自動水栓、収納棚が3段
 ・レンジフードのデザインがスマート
 ・スモークガラスのトールカップボードや吊戸棚のデザインが良い
 ・ゴミ箱ユニットに化粧板が付いておりデザインの収まりが良い
 ※クラッソに決めるに際しては自動水栓の代わりに足踏スイッチを付けました。ハンバーグ作りの際に重宝しそうです。 

2 バスの比較のポイント
(1)TOTOサザナの良いところ
 ・浴槽が長く足がつかえずに伸ばせる
 ・壁面デザインがすっきりしている
 ・洗い場床が柔らかい
 ・2枚引き戸が実質3枚引き戸と同じ機能
(2)LIXILラ・バスの良いところ
 ・浴槽の形状にカーブがありやわらかいデザイン
 ・洗い場の床が冷たくならない性能が高い
 ・洗い場排水口が「くるりんぽい」で掃除しやすい

 なお、TOTOショールームの方は、いつ行っても商品選定のアドバイスが的を得ていて、大変助かりました。組み合わせシュミレーションが相談しながら目の前の端末でリアルタイムにできて、図面と見積もりもそのまま出来上がってしまうところも、ITをうまく利用していて待ち時間のストレスがなく良かったです。
(ヤマハリビング、タカラスタンダードの方もTOTO同様に親切、丁寧、熱心に応対してくれました。リクシルは、控えめな応対で質問すると答えるという傾向で商品知識も人による差があるようです(分らないことは、調べて対応という感じ。)。パナソニックはいつ行っても応対なしで、客を見るという噂は本当かなと苦笑しておりました。)

北棟1階 梁の型枠

2011年10月13日

 夜の現場訪問となりました。

▼照明に浮かぶ足場
13-1.jpg

▼窓から覗いた中の様子。内側の型枠が固定されています。
13-2.jpg

▼梁の型枠も施工されていました。脇にはスラブ配筋に進むための木材が渡してあります。
13-3.jpg

北棟 内側型枠

2011年10月9日

 内側の型枠の建て付けも進んでいました。内側型枠=(断熱材+不燃下地ボード)です。したがって、これはコンクリート打設後も解体しません。コンクリートに密着して結露を防止します。機能性と低コスト性を兼ね備えた工法です。

▼斜め道路に面した段々状の壁部分


▼窓周辺
09-2.jpg

▼窓枠部 外型枠(FRP)と内型枠(断熱材+不燃下地ボード)の様子
09-3.jpg

▼施工途中箇所 鉄筋を外型枠と内型枠で挟んでいます。
09-4.jpg

電気配線工事

2011年10月9日

 電気配線工事が施されました。後で電気ケーブルを通すための管や端の部材を配筋の間に入れていきます。RC造の電気工事はこのように行うものなのかと驚きました。

▼リビングに作る打ちっ放しの壁部分に、スイッチ類や照明等のための管が絡みます。背後には、内側の型枠パネル兼断熱材の白い板が施行されています。
1013-1.jpg

▼接近してみました。
1013-2.jpg

▼こちらは、部材が外側の型枠に密着しているので、外壁に付くコンセントになるものと思われます。
1013-3.jpg

▼管が集合してコンクリート壁を通過する部分は、スリーブが取り付けられていました。
1013-4.jpg

▼エアコンの電源、換気扇の電源を供給するための管が内側の型枠となる断熱材から出ています。
1013-5.jpg

北棟1階 壁配筋

2011年10月7日

 工程に従い壁配筋が施されたと思いましたので、仕事が終わってから夜に現場訪問しました。

▼外側の型枠に沿った壁の配筋と梁の配筋が施されていました。枠の施工が先ならば、コンクリートの被り厚を確保しながら配筋できるという記事を読んだことがあります。万一ジャンカが入ってしまった場合でも鉄筋露出に至りにくいという効果もありそうです。

1007-1.jpg

▼梁の配筋。こちらは配筋が型枠より先。黄色いスペーサーで被り厚を確保しています。ストロボで闇に浮かんだ様子がなんとなく壮観です。
1007-2.jpg

▼電気配線はこのように施されるのですね。これはコンセント部と思われます。
当初床から30cmの高さ設定で着手してもらいましたが、プラグの抜き差しの際に腰の負担が少なくなるように、急遽途中から40cmに付け替えてもらいました。電気の御担当者様、御対応たいへんありがとうございました。
1007-3.jpg

▼内側の型枠が搬入されていました。型枠=断熱材というハイブリッドな発想で作られており、本工法の真骨頂の部材の1つです。この型枠はコンクリートが固まった後もばらさずに、断熱材として機能するとともに、コンクリートに密着して躯体結露を防ぐものです。
1007-4.jpg

第2回定例会議

2011年10月4日

 第2回定例会議が、施工者(現場監督さん)、設計士、電気担当者、設備担当者、住宅供給公社、施主が参加して開催されました。会場は、前回と同様、分譲地の現地販売事務所(コンテナハウス)です。

 内容としては、工程予定確認のほか、主に換気スリーブの取り付け位置確認、エアコンスリーブの取り付け位置確認、電気配線及びスイッチ類の位置確認を行いました。

 鉄筋コンクリート造のため、コンクリート打設前にこれらの位置確認が必要です。なお、給排水管の位置決めやコンセントの取り付け位置等を確定する必要から、システムバスやシステムキッチンの機種選定が必要ですが、この時点で施主側の最終決定ができておらず、早急な決定が求められました。

型枠工事 北棟外壁外側はおおむね完成

2011年10月2日

北棟外壁の外側型枠の組み付けがおおむね終わっていました。

▼青いバーで縦横格子状に型枠が固定されています。開口部は玄関になります。
1002-1-016.jpg

▼内部から、型枠と基礎の様子
1002-2-017.jpg

▼開口部は掃き出し窓になります。
1002-4-024.jpg

▼斜めの敷地境界線に沿ってジグザグになった部分。手前の方は、階段と物入れが配置されます。
1002-3-020.jpg

▼趣味の楽器練習室となる部分から空を眺む。RCは防音面でも有利です。
1002-5-037.jpg

友人宅で太陽光パネル設置(番外編)

2011年10月1日

近所の友人宅での太陽光発電パネル設置工事風景です。

▼パネル表面に配線が無い高出力型です。リフトでスルスルと2階の屋根にパネルを引き上げます。
1-005.jpg

▼風が少しあるなかで、命綱無くヒョイヒョイと作業する様子には驚かされます。
2-006.jpg

▼予め設置した金具の上にパネルを付けていきます。
3-009.jpg

▼寄棟屋根の南面は、あと2枚で完成に至ります。
4-010.jpg

型枠工事 北棟外壁 外側

2011年9月30日

足場が組まれ、1階の壁の外側の型枠工事が始まっていました。1人の作業員の手によりテキパキとFRPパネルが並べられていきます。
001-005.jpg

▼内側から接近してみました。基礎のときとは異なり、壁は型枠を縦に並べます。
002-016.jpg

▼窓やドアとなる部分は穴が開いています。
035-014.jpg


▼外側から接近してみました。壁の型枠が基礎の型枠とクリップで留められています。
003-034.jpg

雨水トレンチ・浸透枡設置工事

2011年9月24日

雨水浸透工法の適用については、8月27日の記事に書いたところです。

▼材料が並べられてありました。奥から砕石、浸透枡、有孔管。浸透枡は逆さに置いてあり、側面に穴は無く底が無いタイプ(8月27日記事中の枡とは異なる)。
21.jpg

▼①穴に砕石を敷きました。
22.jpg

▼②その上に透水シートと思われるものを敷いてまた砕石を載せました。
225.jpg

▼③浸透枡を置きます(上の写真とは別の場所)。反対側は有孔管に接続してあると思います。脇の管は生活排水用と思われます。
24.jpg

▼③-2 上から見ると側面に穴が開けてありました。
23.jpg

▼④浸透枡と透水シートの間に砕石を入れて周りを土で埋め戻して終わり。奥に写っている3つの浸透枡と有孔管で繋がって浸透トレンチになっていると思われます。有孔管の設置状況を撮影できなかったのはちょっと残念。
25.jpg

基礎完成

2011年9月24日

南棟、北棟とも基礎コンクリートが完成したようです。

▼割と白い色合いです。型枠を下から外していったのか、上の段は色が濃くなっています。一番上の型枠を残しているのは、この上に壁の型枠を組上げていく土台とするためかもしれません。
1_20110924210801.jpg

▼パイプを埋め込んだ部分 Before
2_20110924210823.jpg

▼パイプを埋め込んだ部分 After (上の写真とは別の箇所)
3_20110924210832.jpg

▼木製の型枠があったところ。切れ込みは何になるのでしょう。
4_20110924210840.jpg

水道メーター設置さる

2011年9月17日

先日、市の水道局に水道加入金等を納めたので、土地の片隅に水道メーターが設置されていました。水道管自体は元から敷地まで来ていたものです。

1_20110917223548.jpg

▼0000.5㎥
2_20110917223555.jpg

▼蛇口も設置されています。
3_20110917223606.jpg

▼おおっー!
4_20110917223612.jpg

基礎コンクリート打設 北棟

2011年9月17日

基礎コンクリート打設後の様子を見に行きました。生コン流し込みの様子も見学したいのですが、平日は自分の仕事があり、いちいち見たい作業に合わせて休暇をとるわけにもいかず見ることはできません。後から想像するばかりです。

コンクリートがなみなみと型枠に注ぎ込まれて固まりつつあります。梁部で30cmの厚みがありいかにも頑丈そうに見えます。

スラブ部分と梁部分でコンクリートは連続しているはずですが、スラブ部分のコンクリートが梁部分のコンクリートの重さで浮き上がってこないように打設するには、どのように施工したのか。素人にはナゾです。(時間差で生コンを流し込むのだろうか?)

130.jpg

▼手前に木枠で囲んで一段下がったところがありました。勝手口の部分ですが、何のためなのか今日のところはこれもナゾです。
135.jpg

▼スラブから潜望鏡のように配管の端が出ています。
158.jpg

下の写真は、帰り際に南に少し離れて現場を見たところですが、地区計画で高い塀や生垣を設けないことになっているため、遮るものなく遠目にも敷地がよく見えるようです。何か月か後には、路上を南から来るとこの辺りから、緩やかなカーブに沿った打ちっ放しコンクリートの家が見えてくるといった風景になると想像されます。
191.jpg

型枠工事完成 北棟基礎

2011年9月16日

北棟基礎の型枠の検査が終わったと住宅供給公社から前日に連絡があり、本日はコンクリートの流し込みとなります。型枠工事の完成の様子を見学しておこうと、早朝の現場に来ました。

1.jpg

▼前回は無かった内側の型枠も設置されています。外側は鉄パイプで支持されていました。
2.jpg

▼交点の様子
3.jpg

▼配管も設置され、管の周りは補強鉄筋が施されています。
4.jpg

▼外壁に面するような場所のスラブには金属のメッシュが敷かれていました。
5.jpg

▼この木製の造作は何になるか、今朝のところはナゾです。
6.jpg


水道加入金等納付

2011年9月13日

工事現場で水道が必要なため、市の水道局へ行って水道加入金105,000円と工事手数料15,000円を納付してきました。

066-400.jpg

型枠工事 北棟基礎

2011年9月11日

型枠工事が北棟の基礎部の外側については、おおむね一回りの組み立てが済んだようです。
完全並立型2世帯住宅なので、真ん中で連結された北棟と南棟があり、その北棟から型枠工事が進められています。

062-400.jpg

内側の型枠は、後から設置されるようです。
063-400.jpg

親等世帯用の設備候補の決定

2011年9月11日

2世帯住宅の親等が住む棟のユニットバス、システムキッチン、洗面台等の一部の候補を決定しました。
完全並立型の2世帯住宅のため、設備は2式必要ですが、親等の分についてショールームに行って仮決めしました。
選択上の主な着眼点は、①汚れにくく掃除がしやすいこと、②耐久性、③高齢者に配慮、です。
結果、タカラスタンダード製で統一しました。
本決定は、設計士さんと相談してからになります。
なお、トイレについては未定です。

配筋ピッチ

2011年9月10日

配筋ピッチを改めて確認してみました。

▼基礎の梁部分は20cm
016-400.jpg

▼基礎スラブの縦は25cm
027-400.jpg

▼基礎スラブの横は15cm
022-400.jpg

▼壁部分は20cm
018-400.jpg

▼スラブもダブル配筋ですが、下側の鉄筋はピンコロで、上側の鉄筋は変形クランク型の鉄筋で持ち上げています。
054-400.jpg

型枠工事開始

2011年9月10日

型枠の設置工事が始まっていました。ここからが、今回の工法の真骨頂です。外側の型枠は、①FRP製で使い回しされるものであること、②連結を専用のクリップ状のもので行うこと、により施工コストと施工効率の面で有利になっています。
手前に置いたペットボトルとの比較でだいたいの大きさが分りますが、パネルの幅は30cmです。
基礎部分は、パネルを横にして施工していますが、その上の壁部分では縦にして施工するものと思われます。

003-400

▼角の様子
036-400.jpg

▼パネルの連結は専用のクリップが使われている
038-400.jpg

▼セパレーターとピーコンの様子。配管のパイプも設置されている。
043-400.jpg

▼取り付けを待つ型枠
015-400.jpg

壁配筋

2011年9月7日

今回は、夜の現場訪問となりました。

▼壁の配筋が基礎部から立ち上がっています。掃き出し窓の開口部が分ります。
20110907_273.jpg

▼壁部分の配筋もダブルですが、幅は基礎の梁部分に比べて狭くなっています。
20110907_280.jpg

▼スキーストックの輪のようなものが付いています。型枠との距離をとるためのスペーサーと思われます。
20110907_281.jpg

設備等ショールーム見学

2011年9月4日

地元のショールームに無い展示品を確認するため、新宿と浅草のショールームに家族と行ってきました。かなり疲れましたが参考になりました。

20110904_11062  20110904_263
20110904_086  20110904_247

基礎配筋

2011年9月3日

基礎の配筋が始まりました。2世帯住宅の北棟です。立体的な展開となり、間取りの様子も浮き上がってきました。気分もわくわくしてきます。

20110903配筋001_1

▼角などは、斜めの鉄筋で補強が入っています。
20110903配筋004-2

▼少しくねっていますが、まだ途中なので、後で補正すると思われます。台風12号の影響で時々大粒の雨が降る中でも、黙々と作業が続けられていました。
20110903配筋012-3

▼立上がり部分の配筋ピッチは20cmのようです。
20110903配筋024配筋ピッチ-4

捨てコンクリート

2011年8月31日

「捨てコンクリート」が施工されました。地面に水平な広い画用紙を広げたような印象です。基礎の配筋の位置が書き込み(墨付け)されています。現場監督さんの話では、墨付けには墨壷を使うそうで、工程によっては昔ながらの道具が使われているのだなと感心しました。

20110831捨てコン中景018

▼赤いところが壁になる部分、黄色いところが開口部を示すそうです。
20110831捨てコン近景013

Copyright (C) 鉄筋コンクリートの家づくり. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。